【妊娠線対策】人気のWELEDAのマザーズボディオイルは本当にいい?実際に使ってみた

スポンサーリンク

WELEDA(ヴェレダ)のマザーズボディオイルとは?

WELEDAのマザーズボディオイルは、以前はストレッチマークオイルという名称で売られていました。
今はマザーズボディオイルに名称変更されたようです。

その名の通り、産前・産後の女性の体に特化したオイルで巷では妊娠線ケアとして有名ですね。

そもそもWELEDAは世界的に有名なオーガニックコスメブランドで、私も妊娠前から、使ったことはなかったもののブランド名だけはしっていました。
そんなWELEDAからは本当にたくさんのオーガニック商品がでていますが、特に妊婦さんにお勧めなのがこのマザーズボディオイルです。

製品・配合成分について

産前・産後におすすめのオイル。急激に大きくなるママのお腹の肌をしっかり保湿し、やわらかな肌を保ちます。高品質のアーモンドオイルやビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスがハリを与え、弾むような肌に導きます。
お腹周り・太ももなどの保湿ケアやマッサージによる産後のケアに。乾燥によるつっぱり感など妊娠中の不快感を和らげます。
香料はすべて天然のエッセンシャルオイルです。
配合成分:アーモンド油、ホホバ種子油、コムギ胚芽油、香料、アルニカ花エキス
出典:WELEDA公式サイト

全て植物由来の天然エッセンシャルオイルとのことで体がデリケートな妊婦さんでも安心ですね。

マザーズボディオイルの使い方

1日に2~3回、お腹、太もも、ヒップ、バストなど気になる所に馴染ませるように塗ります。
一回当たりの使用量は一部位に10円玉くらい。お風呂上りに使用するとオイルの伸びがいいです!

私は、お腹から初めて、腰回りからヒップ、またおっぱいマッサージにも使用しています。太ももは面積がちと広いためもっと安いニベアのクリームを使用中。

実際使ってみた使用感


あまり粘度はなくサラッとしたテクスチャーです。香りはそこまで強くなく、柑橘系の香りがふわっとします。私はそこまで気になりませんが、多少はオイル独特の香りがあるかも。伸びはオイル系にしては悪くないです。私は風呂上りに塗ることが多いこともあるかもしれませんが。一回につかう量もそこまで多くはないので一日二回使ってもモチはまあまあよさそう!
オイルはべたべたすると思われがちですが、さっと馴染むので、塗った後に服をきてもついたりすることはありませんでした。
塗った後は次の日までしっとり感が持続します。

ここがちょっと惜しい。。

容器ですが、このようにキャップの蓋でしめるようになってます。これが結構使いにくい・・。今でこそだいぶなれましたが、加減しないとドバっと一気に出てしまうので調整しづらいです。どうしても蓋の開け閉めの時にもべたついてしまうので、使った後はティッシュでふき取ってます。きっちり閉め忘れて漏れてしまうことがあるので、旅行などに持っていくには少し不向きかな。
商品自体は好きなので、ポンプ式だったらな~と思います。口コミみててもこの意見は結構みかけるので、WELEDAさん改善してくれないかしら・・。

私のマザーズボディオイルを使った妊娠線予防方法!

10/23現在、妊娠8か月に入ろうとしていますが、今のところ妊娠線はできていません!
私がマザーズボディオイルを使って行っている妊娠線予防方法をご紹介します。

使っているのは↓の三つ。

左から、ハトムギ化粧水、マザーズボディオイル、ニベアのクリームです。

まずお風呂上りにハトムギ化粧水を浸透させます。そしてマザーズボディオイルを塗ります。この時点で化粧水をつけているのもあってかなり伸びがいいです。そして最後にニベアのクリームで蓋をします。
手間はかかりますが、こうすることで翌日のしっとり感が全然ちがいます!

ボディオイル以外はドラッグストアで1,000円以下で買えるのでたっぷりつかっても惜しくありません。

この方法であと3ヶ月、妊娠線ができないよう頑張りたいと思います。

妊娠線対策にお困りの方、おすすめです。また出産後どうなったか、ご報告しますね!


2017年4月~18年3月生ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク