予定日を9日超過し促進剤で産んだ私の出産レポ②

ここからは時系列でお送りしたいと思います!!
促進剤を打つことになるまでと、私が打った促進剤の種類についてなど書いてます。

前回の記事はこちら

無事第一子を出産しました! ご無沙汰しております。てこすけです。 以前のブログ更新から5カ月経ってしまいましたが、1/25 16:3...
スポンサーリンク

1/24 誕生1日前

AM7:00 旦那に電話

朝を迎えても痛みが引かなかったので、旦那に連絡しました。
促進剤を打つ1/25に併せて休みを取る予定でしたが、それを1日早めて急遽帰ってきてくれることに。

自宅から実家まで、ドアtoドアで9時間はかかるので、この時は、間に合ってくれるかなあー・・という感じでした。

AM11:00 病院に行くことに

病院に連絡。荷物持ってきてくださいとのことだったので出発。

ちょうど着いた時間に同時に2人のお産が始まったみたいでバタバタしてました。
しばらく待機してから内診。

ところが、子宮口まだ2cm、お腹の張りも弱いから前駆陣痛かも?とのこと。

ガーン・・。

結構痛いのにまだ前駆陣痛なのね・・。

どちらにせよ明日入院の予定だったしってことでそのまま帰らず病院にいることに。

ついてきてくれた母にコンビニで昼食を買ってきてもらい、食べてから病室に移りました。

PM3:00~6:00 仮眠をとる

前日の寝不足の影響でうとうと。

ここで旦那到着!

立ち会えると思ってなかったからこれは嬉しかったなー。

旦那の仕事の都合上、予定日周辺で産まれていたら立ち会いできてなかったので娘は待っててくれてたのかなーと思うとちょっとじーんとする。
振り返れば旦那なしでは乗り越えられないお産だったので。
まあこの時はお願いやからはよ出てきてくれとしか思えなかったですが。(笑)

出てきた晩御飯は完食し、その後も痛みに耐える時間は続きました。

1/25 当日

夜中~AM6:00  旦那にベットをとられ殺意が湧く

母は帰宅し、今日は旦那が一緒に泊まってくれることに。

陣痛が5~10分おきくらいになったらナースコールしてくださいとのことでひたすら耐える。

夜中は10分おきだったのが明け方には5分間隔に。
とても寝ていられず、ベットの上で修行僧のごとくあぐらをかいてやり過ごす。

床に敷いた布団で寝ていた旦那が、うんうん唸っている私に気が付き、腰をさすりに起きてきてくれました。

しかーし!数回やったあと眠さの限界だったのかなんと私のベットで再び寝始める。

「何やっとんじゃこいつ」と殺意が湧くが、怒る余裕がなかったのと産まれるまでこの人にも頑張ってもらわんといかんしというわずかな慈悲の心のおかげで、なにも言わずにひたすらベットの隅で痛みのがしの深呼吸に徹しました。

6時になり、継続して5分間隔だったので旦那を起こしてナースコール。

昨夜のことを話すと、まったく記憶がないようで申し訳なさそうにしておりました。
床が固くて布団で寝にくかったからかなと。(しるかーい)

LDRに移動してNSTをつけてみるも、陣痛が弱い、まだ前駆陣痛かなと。
ここでまたまたガーン・・。

こんなに痛いのに前駆!?じゃあ本陣痛って一体・・。

AM8:30 院長の内診

先生の内診。子宮口は3cm

柔らかくなって順調といわれるも、まだか・・という感じでした。
弱い陣痛が続いているので、この時点で促進剤を使うことが決まりました。

促進剤はリスクってあるの?普通の陣痛より痛いんじゃない?

促進剤を使って産むことに決まった私は、

促進剤使って、本当に体やお腹の赤ちゃんに影響ないのかな・・。

普通に産むより陣痛がキツいんじゃないの・・?

と思いました。

きっと促進剤を打つ可能性がある妊婦さんの多くが心配されることだろうと思います。

医師からは、
「よく、促進剤って聞いて心配する人がいるけれど、ちゃんとした専門医の管理下のもとで使えばなにも危険なことはないからね。赤ちゃんもお母さんも無事でお産を行うためにやるんだよ。」

と言われました。

私が使った方法は点滴でした。バルーン処置などは行わず、いきなり点滴で薬を投与しました。

普通の陣痛より痛いかどうかは、比べることはできないのでわかりませんが私の場合既に微弱陣痛が続いていたので、薬がはいることにより普通に徐々に痛くなっていったのでおそらくそんなに変わらなかったんじゃないかと思います。

でもやっぱり点滴の量を増やされると割とすぐ痛みが増していったので、「おおう・・効いてるな・・。」という感じでした。

陣痛が全く来ていない状態から促進剤を使った場合、ひょっとしたら痛みが急にくることによって痛いと感じることがあるかもしれませんが、薬の効き方も個人差があるらしいので一概には言えないですね。

促進剤を使うことで陣痛がきつくなるということはなく、感じ方の問題もあると医師から言われました。

私も点滴する時はめちゃくちゃ不安でしたが、逆に、よし!今から産むぞ!!と痛みと向き合う準備ができた気がします。

長くなってしまいましたが、次回促進剤投与後から出産までの完結編です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク