プレママ教室って参加するべき?自治体主催の両親学級に行った話

先日、妊娠6か月も終わりのころに、市で開催している両親学級に参加して来ました。

旦那はいわゆる出産、育児系の教室には今回初参加で、夫婦共々学ぶことも多かったので、今回はそんな両親学級についてレポしたいとおもいます!

スポンサーリンク

そもそもどこの教室に参加すればいいの?

両親学級や母親学級、安産教室、プレママクラスなど名前は違えど出産準備のために本当に様々なところでイベントが主催されていますよね。
特に初産婦は、経験もないのでこういった教室で知識を得るという人も多いと思います。
主催している団体を大雑把に分けると「産院」「自治体」「マタニティ&ベビー用品店」に分けられるかと思います。

産院

これは一番多いパターンですね。というより、産婦人科に通っているのであれば参加必須といわれることが多いのではないのでしょうか。
実際私も、2回目の検診あたりで助産師さんにスケジュールを組まれて、この日にきてね~という感じでした。

内容や回数は産院によって様々で、今通っている所は全4回ですが里帰り出産を検討している産院を調べてみると必須なのは前期と後期の2回でした。私も妊娠7カ月の現時点で2回参加しましたが、内容は妊娠中の注意点や栄養など基本的なことを教えてくれるクラスでしたね。

産院によっても自然分娩推奨、母乳育児推奨など色々方針があるのでその説明や、出産が近づいてくると分娩室の見学などもあるようです。

特にこだわりなくどれかに出ればいいや~という妊婦さんは、通っている産院のクラスをうけるだけでも十分だと思います。

自治体

今回私が参加したのがこれです。市区町村が主催しているもので、ネットで「〇〇市 出産」とか「〇〇区 妊婦」と検索すると大抵でてきます。
私が今住んでいる盛岡市ではママが参加する平日コースと、パパママ二人で参加する日曜コースがあり、どちらも受講料は無料です。
私はどうしても旦那に妊婦ジャケット着用体験をしてもらいたく(妊婦の大変さを知ってほしいという考え笑)産院では両親学級がなかったのでこちらでの参加をきめました(*^^*)

マタニティ&ベビー用品店

最近特に増えているのがマタニティ&ベビー用品店での開催です。
代表的な所でいうと、赤ちゃん本舗ですね。赤ちゃん本舗は地方にもある所が多いと思うので比較的参加しやすいかと思います。

他にもピジョンやスタジオアリス、子ども服で有名なミキハウスやファミリアなんかもセミナーを開催しているそうです。
企業主催のいいところはお土産がたくさんもらえることですね~!自治体なども種類によってはサンプルをもらえたりしますが、やっぱりストア系はもらえるものが豪華で豊富な気がします。

無料で参加できるものも多く、出産後に使えるクーポンがもらえる店舗もあるので時間と体力に余裕のある妊婦さんはお住いの地区で探してみてどんどん参加されるのもいいですね。

プレママ教室でママ友ができる!?

これは時と場合と自分の努力によります。(そりゃそうだよ)</

でも、作りやすい環境ではあると思いますよ!
主催側もママ友作りの場という意図もあるのか、大抵のクラスがグループワーク形式での講義なんです。
グループでリーダーと書記を決めてテーマについておしゃべりしたり。
就活の時にこういうことを散々やったのを思い出しました。

グループワークというと尻込みしたりする方もいるかもしれません。実際私も人見知りタイプなので積極的に参加する方ではないですが実際はゆる~い感じですし、特に産院のなんかは似たような週数の妊婦さんを集めていてなにかと共通点もあるのでそんなに心配はいらなかったです。
かといって別にみんな積極的にバンバン交流して友達作りに励んでるかと言うとそうでもないので(少なくとも私が参加したクラスはそうでした。)ママ友ができなくても焦る必要なんて全然ないです。

私も、産院が一緒でクラスが2回ともかぶった顔見知りの方はいますが会ったらおしゃべりする程度でLINEを交換したりっていうのは未だないので、機会があればそういうお友達もできればいいな~位に考えております。
でもその場でお話するだけでも悩みを共有できたりして、いいストレス発散にもなるんですよね ^^

参加方法

私が参加した両親学級は事前予約制で予定日によって参加できる月も決まっていました。
例えば1月予定日のうちの場合だと、参加できるのは9月のクラスで、受付は大体10日前位に開始~といった感じです。
定員は夫婦30組程だったのですが、受付時間から30分たって電話した時はふつうに申し込みできました。
でも自治体によっては人気ですぐ締め切られちゃうところもあるかもしれないので注意ですね!

当日のスケジュール

前半:グループワーク&助産師さんの講話

午前中は4組ずつの夫婦に分かれてグループワークをしました。内容は赤ちゃんのためにできることや、家族の協力についてなど。
みんなの意見をあつめてそれをもとに助産師さんがお話するという感じでした。他のご夫婦と話しをしていると里帰りをしない選択をした方たちやご主人の家事力が異様に高い(羨ましい!)などそれぞれの事情や個性がみえて大変勉強になりました。

後半:パパの妊婦&沐浴体験

そしていよいよ今回のメインの旦那に色々体験してもらうコーナー!
最初に妊婦ジャケットをつけていただきました。

このジャケットは9~10kgくらいあるんだそうです。大体臨月の妊婦さんのお腹くらいですね。
横になってから起き上がったときの旦那の辛そうな顔、お見せしたいくらい。(笑)
思ったより辛い!!を連呼しておりました。

そして最後に沐浴体験!ベテランママさんがレクチャーしてくれるんですが、うちのチームの方は3人も育てているだけあって、まあどんな洗い方でも最終的に綺麗になっていればいいから。というスタンスでした(笑)

それに対して男性陣のまあ慎重なこと。
耳や顔に水がかからないようにしつつ洗うのが難しかったそうです。

うちの旦那も慎重すぎるところはありましたがまあまあ筋が良かったと思います。
(後から聞いたら、自分の子と思って真剣にやったら慎重にならざるを得ない!とのことでした。)
終わった後は達成感に満ち溢れておりました。

動画や写真撮影は自由だったので、記念や実際に入れるときに見返すのにもいいですね。
私もとった動画をみてイメトレに励みます!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は市主催の両親学級に参加しましたが、思ったよりプログラムも充実していて有意義な1日を過ごすことができました。
そして何より夫婦で参加することでこれからの出産・育児に向けて二人で頑張ろうという機運が盛り上がったと感じています。
実際、このクラスに参加以後今後のことなどについて夫婦で話す機会が増えました。
そして夫自身もやはり沐浴はかなりやってよかった体験だったらしく、今から「もう完璧マスターしたから俺が赤ちゃんをお風呂にいれる!」と意気込んでおります。(笑)

やはり百聞は一見に如かず!もし夫婦間で出産に対して温度差を感じている方や、旦那さんに体験してもらうことで実感を持ってもらいたい!という方、二人で一緒にイベントに参加してみたいという方は両親学級おすすめですよ。


2017年4月~18年3月生ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク