妊婦の冷えの原因と対策

スポンサーリンク

妊婦は冷え症になりやすい?

冷えはもともと女性に起こりやすい症状ですが、妊婦はさらに冷え症になりやすいといわれています。
原因としては
自律神経の乱れ
妊娠中はホルモンバランスが変化するため自律神経が乱れやすく、それによってストレスが溜まったり疲れやすくなります。
自律神経が乱れることによって血行が悪化したり、自律神経の乱れで血管が縮みさらに巡りが悪くなってそれが冷えを招いてしまいます。

血行不良
妊娠中は、日に日にお腹が大きくなりお腹を前に突き出したような体勢になります。それにより姿勢が悪くなり血液の巡りを妨げてしまいます。もともと骨盤周りや下半身は巡りが悪くなりやすいので、冷えやすくなります。

また、妊娠による体の変化ににより、サイズがあわない下着などを身に着けていると締め付けてしまいそれが原因で血流が悪くなることがあります。

運動不足
妊娠中はつわりや動きづらさから、安静にしたり横になったりすることが多くなるためどうしても体を動かす機会が減ってしまいます。
それにより全身の筋肉量が減ってしまい、筋肉を動かすことで得られる発熱が少なくなり血流が悪くなってしまいます。

冷えが赤ちゃんに与える影響は?

冷えが赤ちゃんに与える影響について医学的根拠ははっきりしていませんが、冷えるとお腹が張りやすくなるとよく言われています。張りは必ずしも悪いことではないですが、子宮が収縮することによって赤ちゃんが窮屈な思いをしていたり、あまりひどいと切迫早産に繋がったりするため注意が必要です。
また、冷えると骨盤や子宮回りの筋肉が固くなり、いざ出産のときに子宮口が開かず、難産になりやすくなります。

妊婦の冷え対策

食事に気をつける

冷え症を改善するには日ごろからの食事が大切です。食べ物には体を温めてくれるものと体を冷やすものがあり、体を温める食べ物の特徴としては土の中に育つもの、冬が旬のものや寒い国の産物、例としては人参、ショウガ、ニンニク、カボチャ、小豆などがあります。体を冷やす作用のあるものは地上で育つもの、暑い国の産物、夏が旬のもので例としてはなす、キュウリ、トマト、バナナなどです。
意識しすぎて食事に神経質になるのはよくありませんが、無理のない程度に日々の食事に取り入れて、体を温めることができるといいですね。

冷え取りには、厚着よりも足元を温めることが大切!

冬になると、厚手のコートを着ているものの、下は短いスカートだったりストッキングを履いている人をよくみかけますが実は足元が一番冷えやすいので、いくら厚着をして上半身を温めても冷え症は改善されないことが多いんです。
私もこれまで室内にいて、顔は熱いのに足先が冷えてる!ということが結構あったので、妊婦になってから特に下半身をあっためるようにしました。下半身を温めることで全身の血流が良くなり、効率よく冷え取りをすることができますが、特にふくらはぎを温めるのがいいそうです。
ふくらはぎの筋肉は、足先へ血液を届ける役割と足先の血液を太ももに届けるポンプの役割を果たしており、重点的にあたためることで効率よく血行を促すことができます。
下半身をあたためる方法としては、
・レッグウォーマー
・重ね履き靴下
・5本指ソックス
・マタニティレギンス

などを使うのがいいですね!

冷えは万病のもとともいいますが、特に妊婦は、安定した妊娠生活を送るため冷え撃退は必須だと思うので、今から対策していきましょう!


2017年4月~18年3月生ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク