【転】勤妻の【てこ】が【まい】にち奮闘する育児応援ブログ

2人目も予定日超過で促進剤で産んだ私の出産レポ~ジェットコースターのような急展開~

2020 6/06
2人目も予定日超過で促進剤で産んだ私の出産レポ~ジェットコースターのような急展開~

こんにちは。

てこすけです。

ブログの更新が滞っている間に二人目を授かり、
2020年3月に無事に出産しました。

お産は十人十色といいますが、私の場合なんと二人目も一人目の時と同じく促進剤を使って産みました。笑

もちろんそこに至るまでの経緯やかかった時間は違いますが、まさか2回も予定日超過でやきもきすることになるとは…!

この記事を読んでくださっている方の中にはきっと予定日を超えて不安に思っている方もいると思うので、二人目出産についてレポを書きたいと思います。

一人目出産レポはこちら!

目次

二人目出産がジェットコースターのようだと思った理由

進みが急すぎて、子宮頚管が裂けました

今回のお産では朝から促進剤の点滴を打ったのですが、午前中はまったく陣痛がきませんでした。
量をどんどん増やして昼過ぎにはマックスになるも、定期的に張ってきたかな?程度。

ところが夕方からいきなり感覚の狭い陣痛がやってきた所で破水。破水してからはさらに痛みが強くなり、1時間後には出産。

痛みを感じてから産まれるまでおよそ3時間でした。

そして出産後に先生から衝撃の一言が…

「破水して急に痛みが来たから、子宮頸管裂けちゃってたよ!それで全開大になったんだね~」

いや、自然に子宮口開いたんじゃなくて裂けたんかーい!

破水するまでは、痛みは強いものの陣痛の痛みはこんなもんじゃない、こりゃまだまだ
かかるな…と思ってたんですよ。

それがあれよあれよと産まれたので、心の準備が出来ていなくてジェットコースターのような目まぐるしいお産になりました。

ただ一人目よりも赤ちゃんが降りてくるのが分かったり、声をかけることができたり赤ちゃんのことを考えることができて二人三脚でお産に臨めました。

出産ってやっぱり神秘的です。

肝心の促進剤を使ったお産がどうだったのかもう少し詳しく時系列でかきますね。

出産までの流れ

出産前日まで

予定日は2月27日でした。
一人目の時は9日超過して精神が不安定になりかけたので
今回は予定日の大分前からウォーキングや階段昇降などの運動から、焼き肉やオロナミンCというジンクスに至るまで
手を尽くしましたが結局陣痛は来ず。

うちの子達はどんだけマイペースなの?と思いましたが、今回は神経をすり減らすこともなくのんびり待つ
ことができました。

お腹が一人目よりかなりでていて腰にきていたので、そっちの方ではやく出てきてくれ~と願っていました!

予定日を3日すぎて検診がありましたが、その時も兆候なし。

羊水が少なくなってきているとのことでこのまま陣痛がこなければ、2日後に促進剤を使って産むことになりました。

(ちなみにこの時明日産む?と言われたんですが、急すぎたのと自然な陣痛を待ちたかったので
+1日のばしてもらいました…)

出産当日

結局予定日5日過ぎても陣痛は来ず、促進剤を打つために病院へ。

《7:30》病院到着
夫と一緒に病院に向かう。院内着に着替える。
昨日便がでたか聞かれて少しと答えると、浣腸することに。
腸内のもの出し切っていよいよ点滴!

《8:00~12:30》点滴するも陣痛こず
定期的に張りがある位。夫と話したり、本を読んだりしてゆっくり過ごす。
昼食も間食。

《13:30》お腹が痛みだす
まだ自分の呼吸で逃せるくらい。計ってみたらいきなり2~3分間隔。

《15:00》腰をさすってもらわないと耐えられない位の痛み
自分で陣痛アプリを触る余裕はなくなる。
子宮口はまだ4cm。

《16:00》超痛い
ぼこんという音がして破水。自分で破水したのが分かった。
一気に痛くなった感じがする。助産師さんがずっとついててくれる。
喋る余裕なく「ひっひっふー」しか言えなくなる。
おおきく深呼吸して、波がきたらひたすら呼吸法に集中。
腰が浮かないよう気を付けた。赤ちゃんがググっと下に降りてくる感覚が分かる。

《17:00前》急に子宮口が10cmに開く
先生登場。17時から分娩開始と話しているのが聞こえ、俄然やる気がでる。

《17:00》いきみ感が出てくる
分娩の準備をしている間、いきみを逃すのに必死。
髪の毛が見えてるよといわれる。赤ちゃんがさらに下に来ているのが分かる。
頑張れー!と赤ちゃんに何度も声をかける。
会陰きりますね~といわれた気がする。
陣痛の間のタイミングで助産師さんに子宮口を手でめちゃくちゃ広げられて
「痛ってええええ」となる。
準備が整うまで陣痛3回分位はいきみを我慢した。

《17:10》誕生!
いよいよいきんでいいよ!となって目を開いて力を入れたら産まれてきてくれた!
結局いきんだのはこの一回のみ。
数秒後、元気いっぱい泣いてくれる。

促進剤を使うのは予定日を何日過ぎたら?普通の陣痛より痛い?

促進剤を使うタイミングについては、赤ちゃんと母体の状態を見て総合的に判断されます。
なので何日過ぎたら、というのは本当に個人差があると思います…!

一人目の時は羊水は予定日過ぎても十分にあったようで、自然な陣痛を待ちたいという希望もあり超過9日目に出産、と比較的長かったです。

二人目の時は羊水がだいぶ減っていてあまり長く待つと赤ちゃんが危険な状態になるということですぐにでも、という判断でした。一人目と二人目の時では産んだ病院が違うので、医師の見解の違いもあるかもしれません。

陣痛の痛みについては私は二人とも促進剤を使ったので比べられませんが、口コミを調べてみると普通の陣痛の方が痛かった派・促進剤使った方が痛かった派、色々でした。

よく促進剤を使うと痛い!と言われるのは、薬の効きが良いと一気に痛みが増すことになるので体が慣れてなくてそう感じやすいからかもしれませんね。

私の場合特に一人目は微弱陣痛で二晩眠れなかった時の方が辛かったです。


促進剤を使うと進みが早くなる場合が多いので、終わりが見えてきた気がして、頑張る気力が湧いて来ましたね。

いずれにせよ、陣痛は痛いもんは痛いです!(笑)

促進剤を使うことを不安に感じる方もいるとおもいますが、(私もそうでした。)経験豊富な先生が状況に合わせて最良の判断をしているので大丈夫ですよ。信じましょう。

でも、疑問点があるならば、事前に納得いくまで聞いておいた方がいいです。先生によっては説明もそこそこに書類読んどいてくださいね、みたいな所もあるので。それだけで大分恐怖心が薄れますよ。

予定日を超過し不安に感じているママへ

ただでさえ臨月を迎えて1カ月、いつ産まれるかとずっと気を張り詰めていたのに、予定日を過ぎても産まれてきてくれなくて本当に不安ですよね。私もそうでした。

私の場合、一人目は9日超過、二人目は5日超過だったので二人目の時はまだ気楽に構えられたのですが、
最初はこう思ってました。

  • ママに会いたくないのかな…
  • 予定日超えて無事に産まれてきてくれるか不安。
  • どんどん大きくなって出産の時なかなか出てこられなかったらどうしよう。

予定日なんてあくまで目安でしかないのに、当時はとってもナーバスでした。
赤ちゃんは産まれるタイミングを自分で決めるなんて言うから、私達に会うのが嫌でいつまででも
でてこないのかな…とか。

そんなことは決してないですよ!

赤ちゃんも個性があるから、せっかちな子もいればのんびり屋さんもいます。
今まで10カ月もいた居心地のいいお母さんのお腹からでるのは勇気がいりますよね。

狭くて暗い産道を通ってくるのだから赤ちゃんも命がけです。


元気な姿で大好きなお母さんに会えるよう準備をしているんですよ。

だから、どーんと構えて赤ちゃんの準備が整うのを待ってあげてくださいね。

我が子は二人ともなかなか決心がつかなかったのか、出るきっかけを作ってあげることになりましたが。笑
よっぽど私のお腹の居心地がよかったのね、と思うようにしてます。笑

気に病んでしまうよりもぜひ今しかできないことをすることをおススメします!
産まれたらしばらくは寝る時間も削られ、自分の時間もなかなか取れなくなってしまうので。

私は、毎日上の子と一緒に散歩をして娘が一人っ子でいる時間を堪能しました。

自然な陣痛からでも、促進剤を使っても、帝王切開でも、赤ちゃんが元気で産まれてくるなら
なんでもいいんです!どんな形でも出産すること自体凄いことですから。

これを読んでくださっているあなたが、無事に元気な赤ちゃんを出産できますように。

目次
閉じる